段ボールのリサイクル

たまには仕事に関したお話でも。
毎週金曜日、会社には福田三商㈱さんに段ボール古紙の回収に来て頂いております。
私の会社で言う古紙とは、材料に傷がつかないようにパレットとの間にひいてある当て紙・箱の製造過程で出る切れはじや不良で商品にできない箱のことを言います。
目的はもちろんリサイクル。みなさんご存じかどうかわかりませんが、段ボールはおよそ96%リサイクルされ新たな段ボールとなっています。(資料:段ボールリサイクル協議会)
画像

(上の画像はパッカー車に古紙を積み込んでいる様子です。このような形の車はよく目にすると思います。)
今月は個人的に不良を多く出してしまったので(1-4月でワースト)、リサイクルをテーマにしつつ反省しています。
会社はチームマイナス6%に賛同しておりますので不良による古紙の発生も6%削減したいと思います。目標達成まで残り1429日。
まじめ過ぎて自分の首をしめそう…。

"段ボールのリサイクル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント