歯列矯正(3回目)と学芸会

13日の金曜日はお姉ちゃんの3回目の歯列矯正の日でした。
前回からの変更点は前歯4本の装置の調整とワイヤーが第6臼歯まで伸びたこと+ヘッドギアのベルト調整。
外観上はワイヤーが横に伸びたくらいです。
言葉ではそれだけなのですが本人の負担は大きいようで、泣くのは我慢していますが前回の様に痛いようです。
2~3日で落ち着くと思いますが…。
画像を比べてみると矯正されていることがよくわかります。
画像
          1回目
画像
          2回目
画像
          3回目

今後は下の歯に移り、主に顎の成長のコントロールをして、乳歯が永久歯になる部分のスペース確保をするようです。
早目に矯正を始めるメリットはこの点の様です。(スペース確保がしやすい)
成長した後だと抜歯する場合もあるようです。(webでの情報)
デメリットは装置を付けることへの抵抗感。
とにかく、本人も矯正されていることに実感して喜んでいるのでやってよかったかと思います。


昨日は学芸会でした。
管理人は初めて観に行きました。毎年11月第2土曜は出勤だったので。
3年生のお姉ちゃんは『ハーメルンの笛吹き』の笛吹き役。
人気の役をさせてもらえたようです。
クラスで立候補した者の中から、オーディションをしたそうです。
主に声の大きさ。その後、クラスメイトの拍手の量と先生の意見が一致した人が選ばれたとか
画像

画像

1年生の妹は『おたまじゃくしの101ちゃん』の8ちゃん役。
画像

画像

画像


3年生は振り付けなども自分たちで考えたということでした。
かなり堂々として声も大きくみんな素敵でした。
1年生は全て先生が準備したのですが、舞台上のシーンの変更などは自分たちで行い頑張っていました。
幼稚園と小1の違いがこんなに大きいとは知りませんでした。
逆に高学年は上手でも照れが出てしまうようでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック