博物館『酢の里』

 昨日、半田市に住む友人S家に遊びに行ってきました。以前にも登場したことのあるこの家族、千葉から転勤して来て生活環境のあまりの変化にさぞ苦しんでいるかと思っていたのですが、持前のオールマイティーさで柔軟に対応しているようで安心しました。
 14:00頃到着。一番に迎えに出てくれたのはいつもいい笑顔のYちゃん。それからお父さんのS(友人)が軽快?にやってきた。ひとまず、新居でお茶をした。家の中はきれいに可愛くまとまっていた。これは奥さんのセンスによるのである。一息ついたところで、半田観光へ。と言ってもそれほど時間もないので、1っ箇所だけ。行先は『ゴンぎつね』か『酢』。理由はともあれ、当然のように『酢』に決定。すぐに見学の予約の電話する。
 訪れたのは博物館『酢の里』。http://www.mizkan.co.jp/sunosato
駐車場に車を止め、降りたとたんに『酢』の香りがした。建物を挟んで駐車場の反対側にある入り口に向かう途中、『酢の里』とミツカン本社の間の道を通って行くのだが、ここはかなり強い酢の香りがした。当然、子供達はその香りに大喜び
 
画像


 入口について記念撮影。
画像


 自由見学ではなく、案内の方がついて説明して頂ける見学方法でした。しかも、無料です。市営などの公共のものではなく、ミツカンの運営で。素晴らしい。
 
画像

 ご覧の通り、我々のグループも結構人数でした。
 見学の内容を簡単に報告すると、①酢(ミツカン)の歴史、②昔の製造方法、③今の製造方法、④酢の効能と言った感じでした。
 酢の里のある一角は江戸時代をちょっとだけ感じることができます。
画像

 写真でわかるかビミョーですが。
 ミツカンに感謝しつつ『酢の里』を後にしました。

 一度S家に戻り、女性二人を残し子供と父親は半田運動公園へ。
もちろん初めて訪れましたが、結構広く遊具もあり楽しかったようです。
画像


 ひとしきり遊んで戻ると夕食ができていて、みんなで楽しく食べました。Kちゃん(Sの奥様)には大変なご馳走を振舞って頂き、感謝しています。
 食べた後は大人は7/25~26のキャンプの話。子供はDSとWiiで遊んでいました。
S家と遊ぶといつも時間が早く過ぎ、気付くと23:00を過ぎており、お詫びをしつつ半田を後にしました。
2週間後のキャンプがだといいね。

 追伸:今回知ったこと
 ミツカンは『酢』のイメージが強いが、売上の30%に過ぎないらしい。これからは『酢』を主力とした総合食品メーカーと考えを変えます。特に納豆か? 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック