不可能を可能にしたい『裏・い〜カートン.com』

アクセスカウンタ

zoom RSS リトライ

<<   作成日時 : 2014/08/10 15:27   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

7/27(日)の富士登山が想像を超える強風のため断念して一週間。
8/3(日)にリトライしてきました。
今回の予報は終日登山に適している『A』。(http://tenkura.n-kishou.co.jp/tk/kanko/kad.html?code=22150003&type=15&ba=tk
先週が『B』、時間が遅いと『C』であったことからすると天候的には恵まれた。
あとは体調次第。

前週と違いこの度は準備出来次第出発し、水ヶ塚駐車場で休むことにしました。
塾のテストを終えた妹が帰宅後、食事・準備をし19:30に出発。
途中休憩で寝ている人を起こすことが無いようにノンストップで水ヶ塚駐車場へ。
道中、登山道を走っているランナーをたくさん発見。
隣で起きていたお姉ちゃんに『富士山頂往復マラニックの選手だよ』と教えてあげる。
(このマラニック、24時間以内に田子の浦港から富士山頂を往復するという変態レース
そして窓を開け『がんばって』と応援してみた。
22:30頃駐車場到着。で、すぐ仮眠。

00:30頃から登山準備をし、01:40頃にタクシーで五合目へ。
マラニックのランナーに何人も出会いました。
画像
      

02:30、登山開始。
画像
      前週と違ってきれいな夜景でした
画像


03:07、6合目到着。
画像


前回選択したプリンスルートは避けるつもりでしたが、マラニックもやっていて駐車場の人の動きなどからやはり渋滞が嫌なので、全員の意思確認をし、プリンスルートへ。
04:00、前回引き返した『馬ノ瀬』に到着。
前日に降った雨のおかげ(火山岩の砂利坂道が歩きやすかった)と無風のおかげで予定よりも早く到着。
ペースが速すぎたので高度順応のため長めの休憩。
画像


画像
      朝焼けをバックに

画像
      ご来光を見やすいポイントへ移動中
画像

画像


05:30頃、ご来光を拝めました。
画像


もうすぐ7合目。
画像

このあたりからお姉ちゃんに頭痛の症状が出始めました。
まだ、3000mにも達していません。とにかく水と酸素と休憩を取らせ深呼吸の徹底をさせました。

06:20、7合目。
画像


画像
    7合目と8合目の中間くらいに残雪発見!
7合目では腕まくりしていた妹でさえ、ウィンドブレーカー+レインウェアになってます。

08:13、8合目着。
このあたりから、妹にも頭痛の症状が...。
ここから姉妹で酸素と水の摂取大会。

09:30、山頂到着。
画像


画像

ここから友達やおじいちゃん、おばあちゃんへはがきを送りました。
この後、最高地点『剣ヶ峰』へ。
ここに行かなければ3776mになりません。
10:30、到着。
画像
      記念撮影

本来なら管理人がお鉢巡りランをするところでしたが、かなりの寒さと娘たちが高山病になる前に高度を下げたかったので断念。(走ってる人いました)


すぐに下山開始。
画像

剣ヶ峰は富士山最大斜度と思えるほどの急登。
反対周りは緩やかですけど遠回り。
富士宮ルートは階段状のルートで足に負担がかかるので御殿場ルートからの下山。
ちょうど富士登山駅伝の選手と重なって1時間近く余分に時間がかかってしまいました。
小走りで走って登る選手もすごいですが、あの登山道を走って降りていくのはすさまじいです。
ハッキリ言って『壊れちゃってる人』みたいです。
そんな選手に道を譲り、声援を送りながらの下山でした。


15:50、もうすぐ馬の背に出るところ。
画像
      宝永山をバックに
往路は真っ暗だったのでどんなところかわからなかったですが、眺めのいいところでした。
画像

画像

画像

ここは前週も歩いたところですが、真っ暗の中を往復したので今回行くことができましたが、この度どんな場所かよくわかり、もうこのルートでは上りたくないと思えるほどつらい足元でした。
暗いと気持ちで登れますが、明るくて先が見えるとどこまでこの火山岩の砂利道が続くか分かって心が折れます。
(一歩で半歩くらいしか進めない感じなので)
下って来る時に登る方がいるわけですが、上を見上げてはため息をついていました。
下りは足に負担がかからなくて楽です。管理人とお姉ちゃんはジャンプして走ってましたから。

下山してからお約束の『さわやか』へ行き、温泉に入り仮眠してから戻ってきました。

去年からの目標を家族4人そろって達成でき、無事に帰ってこられてよかったです。
天候にも恵まれ、娘二人とも頭痛の症状を訴えましたが、吐き気などを併発する高山病までは至っていなかったようで体調にも恵まれました。
妹は今は登山の事は考えたく無いようですが、お姉ちゃんはまたいつか登ってみたいそうです。
いつでも付き合うよ!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リトライ 不可能を可能にしたい『裏・い〜カートン.com』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる